『貧血』から身を守る

『貧血』から身を守る

『貧血』から身を守る

 貧血とは、血液中のヘモグロビン(鉄を主成分とする物質)が一定量より少なくなっている状態をいいます。
 貧血の多くは、この鉄分が不足したことによって起こります。

貧血を防ぐ5か条
①インスタント食品や偏食を控え、3食を栄養バランス良く食べる。
②鉄分の多い食品を多く摂る。  
レバー類・ひじきなどの海藻類・納豆などの大豆製品・ホウレンソウなどの緑黄色野菜)
③良質の蛋白質(赤血球を作る原料)を多く摂る
④緑黄色野菜を多く摂る(造血作用を高めるビタミンCや葉酸・銅が多く含まれる)。
⑤造血に効果的なビタミンB12を多く摂る(カキなどの貝類・チーズ・卵黄など)。

~漢方食養研究会資料~

ワンポイントアドバイス
『貧血』から身を守る
食品に含まれる鉄分には、吸収率の良いもの(ヘム鉄:肉類や魚介類に含まれる)とあまり良くないもの(非ヘム鉄:乳製品や青菜に含まれる)があります。
鉄分は良質な動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に食べると吸収率が高まるといわれています。
日々の食事の中で、できるだけ鉄分の多い食品を取り入れましょう。

コメント


認証コード8271

コメントは管理者の承認後に表示されます。