低体温症

今回は低体温症についてです。
生命の状態
○ 36、6℃(健康な人の基礎体温 )・・・身体細胞の新陳代謝が活発で、健康で活動的、免疫力も高く、ほとんど病気をしない状態を保つ。 新陳代謝は100%

○35、5℃(低体温)・・・ 自律神経失調症で排泄機能低下や、アレルギー体質など新陳代謝が不活発。遺伝子の誤作動が多くガン体質といえる。ガンは35度を好む。 新陳代謝は50~60%

○34℃(生死の境)・・・海難救助で救出後、生命回復ができるかを判断する体温。自分で自分の体を自由に動かす事ができない体温。 新陳代謝は 10%以下
○33℃(死の入り口)・・・山で遭難し、幻覚が出てくる体温。死が目前です。 新陳代謝は ?%

もし体温が1℃ 下がったら?
■免疫力は 37%低下!!
 かぜや色々な病気にかかりやすく、治りにくい。
■基礎代謝が 12%低下!!
 1日200~500kcal代謝が低下し、1ヶ月で体重が1~2kg増える。
■体内酵素の働きが 50%低下!!
 栄養の消化だけでなく、エネルギー生産力も低下する。
■ガン細胞は低体温を好む!!
 特に35℃を最も好み、39.3℃で死滅する。

コメント


認証コード0116

コメントは管理者の承認後に表示されます。