肉の摂取上減量を知ろう

食べ物で老けない方法

肉の摂取上限量を知ろう
 たんぱく質が豊富な食べ物は、「肉、魚、卵、大豆」など。体を動かすエネルギーのもとで、筋肉量を維持する重要な食品だ。
 肉を嫌う人は、顔色が悪く、肌がカサつきがちだが、逆に肉を食べる量が多いと年齢とともに体臭が強くなる可能性があるという。
「脂質が含まれる肉は、腸内で酸化して過酸化脂質となり、皮脂腺から悪臭を放ちます。脂質は加齢臭のもととなるノネナールの発生にも関係します」
 量の目安として肉や魚なら1日各々50~100㌘程度。少なく感じるかもしれないが、「昼は肉、夜は魚」というように、いろいろな食品からのたんぱく質を3食に振り分けて補給するのが理想だ。

~「老けない人は何を食べているのか」(青春出版社)著者の栄養管理士~

コメント


認証コード0862

コメントは管理者の承認後に表示されます。