良い睡眠には、朝に肉類や豆腐を

冬に効く!!食と健康のウソホント

良い睡眠には、朝に肉類や豆腐を 
 健康を保つために大切な睡眠は、食と深いつながりがある。
“眠りのホルモン”といわれる「メラトニン」が分泌されると、体は睡眠に適した状態になる。夜にメラトニンを分泌させるポイントは、日中に脳内ホルモン「セロトニン」を増やすこと。セロトニンが、メラトニンの材料となるためだ。
「セロトニンを増やすには朝に日光を浴びることと、セロトニンの材料となるトリプトファンを食事から摂取することです。トリプトファンはアミノ酸の一種で、豆腐や納豆、味噌などの大豆製品、豚肉に多く含まれます。朝にこれらの食べ物を取ることでセロトニンが増え、夜になるとセロトニンがメラトニンに変わり、自然な睡眠状態に入れます」
 セロトニンもメラトニンも食品で取ることはできないため、それらの材料となるトリプトファンを日々摂取していくことが重要。さらに、ビタミンB₆、カルシウム、マグネシウムも積極的に取りたい。セロトニンを含む神経伝達物質を放出する際に不可欠な栄養素だという。(下記の表を参照)
質の良い睡眠を得るには、寝る時に胃が休まることも大切。満腹だと寝つきが悪くなってしまうので、遅くとも布団に入る一時間前には食べ終えたいですね

  • 栄養素 :   お勧めの食品
    • トリプトファン: 豆類、豚肉、牛肉
    • ビタミンB2: ニンニク、マグロ、カツオ、サケ、バナナなど
    • カルシウム :牛肉、チ-ズ、ゴマ、ワカメ、とろろ昆布など
    • マグネシウム:焼き海苔、干しエビ、ワカメ、とろろ昆布など
      管理栄養士望月理恵子 著書「健康管理する人が必ず知っておきたい栄養学の○☓」参照

      コメント


      認証コード6978

      コメントは管理者の承認後に表示されます。