二日酔いに塩分摂取はタブー

冬に効く!食と健康のウソホント

二日酔いに塩分摂取はタブー
 年始にかけてアルコールを摂取する機会が増えるだろう。飲みすぎた翌朝は頭痛や胸焼け、吐き気など、「二日酔い」の症状が起きることがある。原因や症状はさまざまだが悪化させないためには水分をたっぷり取ることと、食事に気を配ることが重要だ。
「まず塩分が高い食事は控えましょう。塩分を取ると、体は血液中の塩分濃度を下げようと水分をためこみ、むくみやすくなってしまうんです。排泄がうまくいかず、塩分もアルコールも体にためこむ状態に…」
 もう一つ大切なことは、炭水化物の量。アルコールが肝臓で分解される時には、ビタミンB1が大量に消費されるが、炭水化物の代謝にもビタミンB1が使われる。過剰な炭水化物があると、肝臓はアルコール分解に時間がかかってしまう。
「飲酒中はアルコール吸収を抑えるため、適度な炭水化物が必要です。ただ、炭水化物を過剰に取ると、今度は肝臓の処理が追いつかない。酔いが回りやすく、二日酔いにもなりやすいです。酒席の食事で炭水化物を取り、お酒も炭水化物、締めにラーメン---では多すぎる。飲酒日はほどほどの炭水化物、翌日はおかゆやうどんのような、消化の良い炭水化物を“少量”にしましょう」
 二日酔いには、肝機能アップの効果があるタウリンを含む貝類、ビタミンを含む野菜もお勧めという。果汁100%ジュースもOK。
管理栄養士望月理恵子 著書「健康管理する人が必ず知っておきたい栄養学の○☓」参照

コメント


認証コード4442

コメントは管理者の承認後に表示されます。