回答C-6

  • Q6.整骨院や接骨院に行くと、電気をあてて揉んでもらえるのにどうして筋肉を揉んではいけないと先生はおっしゃるのですか?

A6.それは痛みのある場所を押さえたり、揉んだりすることによって、かえって症状が悪くなって痛みが出ることがあるからです。

なぜなら、患部(痛く感じている場所)は、炎症などの原因により皮膚が、正常な緊張を保つことができなくなっています。そこへ、直接揉んだり押さえたりという刺激を加える事により正常に筋肉の緊張を保つセンサーが、働かなくなることで治りがいっそう悪くなるのです。

しかし専門の技術を持った治療師の方が行われるオイルを使ったマッサージでは、その日の身体の症状に応じた刺激を与えておられます。
人の身体は毎日毎日、その日によって患部の状態が変わってきます。身体全体の状態を診ずに痛いところだけを揉んだりすることは、痛みの状態と原因を考えずに治療している事になります。
例えば何か問題が起きたとき、原因がわからないままで行動を起こしても、うまく解決する事は出来ないのと同じことですよね。

ですから当院では検査機器を使用して、痛みの原因を明らかにします。毎日検査する事によって、その日の身体の状態に合った治療を行うことが大変大切であると考えています。

Q&Aをクリックしていただくと質問一覧に戻ります。