回答C-2

  • Q2.腰痛のほかに内科疾患をみてもらえますか?

A2.まずは、内科の検診をお勧めします。

そこで、病理的問題がなければ単なる働きが 悪いということになりますのでスパイラル・テーピング療法の適応です。

神経機能の働き、筋肉の働きなどを改善するのに効果を発揮します。
例えば、腰痛で、 生理痛がある。下痢や便秘が続くなど、腰の神経と関係する部分の働きを活発にします。

Q&Aをクリックしていただくと質問一覧に戻ります。